tachibanaya

きっと素敵なお仕事が見つかる!様々なご要望にお応えする求人情報サイトです。当サイトは転職、就職をお考えの方に、厳選された就職、転職案内をさせていただいています。
画像 キブツ・ベーリのソファと壁に残った弾痕 過激派はイスラエル領土への長期侵攻の準備をしていると伝えられている ラフィ・シュワルツ、The Week US 新しい証拠と情報は、先月イスラエル南部全域の入植地を攻撃したハ... ⇒求人情報はこちら
両国の超大国間の緊張が依然として高い中、米国と中国はパンダ外交の新時代に向けて準備を整えているようだ 2023.11.17 ラフィ・シュワルツ著、THE WEEK US 1年ぶりの対面 ジョー・バイデン大統領の話を聞くと... ⇒求人情報はこちら
南極の地図。 デヴィカ・ラオ著 東南極氷床は堅固な地形を覆っている。 氷の下には隠された風景がある。 気候変動は時間の経過とともにそれを明らかにするかもしれない。 ネイチャー・コミュニケーションズ誌に掲載された新しい研究... ⇒求人情報はこちら
トンネルにこもった敵と戦うには「標準的な戦術や武器はしばしば適切ではない」 THE WEEK-UKKEUMARS AFIFI ガザの地下40mには300マイルにわたる複雑な通路網が存在する。 ある専門家は、トンネル内での... ⇒求人情報はこちら
この紛争は地域的なエスカレーションにより原油価格とインフレが高騰し、世界的な不況を引き起こす可能性がある エリオット・ゴート著、THE WEEK UK 原油価格は1バレル当たり150ドルに達する可能性があり、米国と欧州で... ⇒求人情報はこちら
イスラエルVSハマス紛争ぼっ発! 10月7日、ハマスはイスラエルに対して前例のない攻撃を開始し、民間人1,400人が死亡、200人以上の人質が取られた。 イスラエルが報復空爆を開始したことにより、ガザ地区では過去2週間で... ⇒求人情報はこちら
アメリカは明日がないかのように地下水を使い果たしている 2023 年 9 月 4 日、ニコール・メイソン 気温の上昇によりハリケーン、干ばつ、山火事が激化する中、地球温暖化は陸地と空に懸念を集中させています。しかし、別の... ⇒求人情報はこちら
円安が止まらない 米国が風邪を引けば日本も風邪をひく、とは昔からよく言われていることであるが、昨今の円安はとめどなく危うい。もしかすると風邪ではなく肺炎になるかもしれぬ。 先日、対ドル150円を突破、その数後147円まで... ⇒求人情報はこちら
Yasheng Huang(ヤシェン・ホアン)著『The Rise and Fall of the EAST』チャイナゴシップス。 ※ヤシェン・ホアンはMITのグローバル経済・経営学教授であり、中国ラボとインドラボを設立... ⇒求人情報はこちら
9月26日、上海の南京路:急速な景気拡大には、成長ペースが落ちる時期がしばしば訪れる。 ロイター 9月 29, 2023 17:00 JST リチャード・イェツェンガ 多くの欧米のコメンテーターによれば、中国経済を苦しめ... ⇒求人情報はこちら
この写真は、中国・北京の日本食レストラン街にある「日本から輸入される魚製品の販売を一時停止せよ」と書かれた看板である。 迷惑電話、スパイ行為、誤った情報:福島をめぐって中国はどのように日本に「嫌がらせ」しているのか! 福... ⇒求人情報はこちら
需要の伸びが鈍化するとの予測により、2024 年にはある程度の緩和がもたらされる可能性がある レポート ライル・ニーデンス 2023 年 8 月 11 日 重要なポイント 供給の縮小と記録的な需要により、世界の原油価格は... ⇒求人情報はこちら
貯蓄率は15年ぶりの高水準に達したが、それでも投資のほうが収益性が高いことが判明する可能性がある マーク・ショフマン 2023 年 8 月 31 日 銀行や住宅金融組合がイングランド銀行の最近の利上げの一部を転嫁すること... ⇒求人情報はこちら
THE WEEK STAFF 29 AUG 2023 ジェームス・クレバリー外務大臣中国を訪問 英国ジェームス・クレバリー外務大臣が水曜日に中国を訪問し、人権侵害や台湾をめぐる姿勢について北京を非難し、経済関係や気候変動... ⇒求人情報はこちら
ドイツ経済がしぼみ始めた象徴的事件がある。 8月14日午前3時過ぎ、ベアボック外相を乗せた政府専用機はアブダビで給油後、オーストラリアのキャンベルを目指して飛び立った。 そのベアボック氏が乗った飛行機が、アブダビを離陸後... ⇒求人情報はこちら
氷河ダムの決壊で家がアラスカ川に転落 氷河ダムの決壊で家屋が倒壊したアラスカで、氷塊融解のリスクを考える AP通信 アラスカ州ジュノ2023年8月9日   アラスカ州ジュノーで、ウェスト・アラスカの首都の住民は... ⇒求人情報はこちら