政治経済ニュース

英国では万引き事件のうち起訴に至るのはわずか14%! 警察が記録した犯罪件数が過去20年間で最高レベルに達し、新たな統計により英国の万引き危機の規模が明らかになった。 イングランドとウェールズの警察は昨年、合計43万10... ⇒求人情報はこちら
「価値が下がった円」はバイデン政権の2024年を一層厳しいものにする William Pesek | Contributor 先に開かれたジョー・バイデン大統領と岸田文雄首相の首脳会談で、円安が話題にさえ上らないであろう... ⇒求人情報はこちら
Contents ドイツで最後の3基の原発が止まったのが23年4月15日ドイツの風力発電事業に陰りが見えはじめた?再エネが経済の足を引っ張る彼らはカルトに洗脳された信者のようだ。ドイツで最後の3基の原発が止まったのが23... ⇒求人情報はこちら
Contents イギリスでは今、ストリートフード店が急成長しています。ストリートフード市場はいつから成長し始めたのでしょうか?屋台の食べ物がイギリスで人気なのはなぜでしょうか?独自の製品に視聴者を引き付けるにはどうすれ... ⇒求人情報はこちら
アメリア・ウォーカー 認定プロフェッショナルレジュメライター /キャリアコーチ/エグゼクティブレジュメライター 公開日: 2024年3月29日 素晴らしい内定を獲得し、来週から新しい職場で働くことを楽しみにしているあなた... ⇒求人情報はこちら
  欧州議会議員らは水曜日(4月10日)、長らく延期されていたEUの移民・亡命協定を最終承認し、欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長はこれを「欧州にとって大きな成果」と歓迎した。 欧州議会議員によ... ⇒求人情報はこちら
Contents 世界の歴史感は日本人の外にある クアン・ウェンボ氏の見解 ロシアのユーラシア帝国の夢 ウクライナ なぜ東欧諸国は西側に目を向けるのか? NATOの東方拡大 レーニンの政策 モンゴル独立の正当性 中国はプ... ⇒求人情報はこちら
Contents 大量の不法移民にあえぐ列強 EU、アメリカは流入する移民にあえいでいる。 EUは「船を止める」ことができるのか? コメンテーターは何と言ったか? 次はどうなるのか? 大量の不法移民にあえぐ列強 EU、ア... ⇒求人情報はこちら
Contents オーストラリアから見たチャイナ経済と軍事的脅威 中国経済は、これまで想像もできなかったペースで崩壊しつつある。 時間がなくなってきています 株式もスライドに掲載 どうしてこうなったのでしょうか? それで... ⇒求人情報はこちら
Contents 高まるトランプ待望論…人気支える“3つの不満” 不満(1)「物価が高すぎ」 不満(2)「税金使いすぎ」 不満(3)「移民が増えすぎ」 バイデン、トランプがスーパーチューズデーで圧勝 どうしたの? 誰が何... ⇒求人情報はこちら
ロマン・デイヴィッド 2024 年 1 月 29 日 Contents 過ぎた環境政策とウクライナ戦争がもたらす農業危機 環境基準:温暖化防止策にそぐわない農業への補助金カット 欧州農業政策 (CAP): インフレによっ... ⇒求人情報はこちら
今ヨーロッパ全土で農民によるデモが頻発しています。 彼らは数百台のトラクターを公道に持ち出しゆっくり走らせる。 あるいは停車して交通を遮断しアピールを繰り返しています。 以下に、彼らの怒りについてロージー・ フロストがレ... ⇒求人情報はこちら
Contents 電気自動車を購入する人が減少している。この減速は、アメリカのEV推進の中心にある問題を示唆しています。 電気自動車は環境問題で避けられない選択のはずだった。 誤算 充電インフラのせいではない EV神話 ... ⇒求人情報はこちら
2023年の演説前にジョー・バイデンの演台に大統領の印章を押す側近 Contents 選挙の年がやってきた。世論調査員や専門家は誰が勝つと予想しているのでしょうか? 世論調査では誰が選挙に勝つと予想されていますか? 専門... ⇒求人情報はこちら
Contents イスラエルとパレスチナの紛争の歴史 背景 懸念事項 最近の動向 イスラエルとパレスチナの紛争の歴史 1月7日、イスラエルはガザ北部のハマスの戦闘部隊の壊滅に成功し、ガザ地区の中部と南部に重点を移している... ⇒求人情報はこちら
Contents ノストラダムス 2024 年に世界の見出しを飾る可能性のあるものは次のとおりです。 ガザでの停戦 ウクライナでの合意 空飛ぶクルマ 月に戻る 英国、米国、インド、イランを含む70か国での選挙で、2024... ⇒求人情報はこちら
画像 キブツ・ベーリのソファと壁に残った弾痕 過激派はイスラエル領土への長期侵攻の準備をしていると伝えられている ラフィ・シュワルツ、The Week US 新しい証拠と情報は、先月イスラエル南部全域の入植地を攻撃したハ... ⇒求人情報はこちら
Contents 両国の超大国間の緊張が依然として高い中、米国と中国はパンダ外交の新時代に向けて準備を整えているようだ 1年ぶりの対面 何が起こる? 次は何? 両国の超大国間の緊張が依然として高い中、米国と中国はパンダ外... ⇒求人情報はこちら
Contents トンネルにこもった敵と戦うには「標準的な戦術や武器はしばしば適切ではない」 軍事衝突でトンネルが使用された長い歴史があります。 ガザのトンネルはどこにありますか? なぜハマスはトンネルを使うのでしょうか... ⇒求人情報はこちら
この紛争は地域的なエスカレーションにより原油価格とインフレが高騰し、世界的な不況を引き起こす可能性がある エリオット・ゴート著、THE WEEK UK 原油価格は1バレル当たり150ドルに達する可能性があり、米国と欧州で... ⇒求人情報はこちら