年: 2024年

BRICS グループには、単なる新しい頭字語以上の共通点が欠けている。 5カ国で世界人口の40%を占め、世界経済に占めるシェアは22年は26%に上った。 経済力の拡大とともに、先進国が主導してきた国際社会の中で、新興国が... ⇒求人情報はこちら
なぜビットコインは今日下落しているのか? ビットコイン(BTC)は、暗号投資家が最新の連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果を消化する中、今日も下落傾向を続けている。 FRBが6月の会合で金利を据え置いた後、年末までに... ⇒求人情報はこちら
イギリスでは労働党が圧勝! 何が起きたか? 労働党が総選挙で圧勝し、14年間続いた保守党政権の後に政権に返り咲いた。 集計はまだ続いているが、BBCの予測によると、キール・スターマー率いる同党は410議席を獲得する見込み... ⇒求人情報はこちら
真夏の夜の夢、プロゴルファーになるには 男子プロゴルフのスポンサー離れが深刻なようです。その理由は、男子にスター選手がいなくなったから。 頼みの松山英樹プロはアメリカに遠征中ですし、一時人気を博した石川遼選手は、肉体改造... ⇒求人情報はこちら
次期アメリカ大統領がトランプなら「脱・脱炭素」に舵を切るか? 気候変動は宇宙の揺らぎ 太古の昔、人類が誕生する遥か昔、この地球は極地のどこにも氷がない温暖な時第があり、あるいは全球凍結し、あらゆる生物が死滅した時代もあっ... ⇒求人情報はこちら
ドイツでは10年ぶりの高水準で経営破綻しているとか! ドイツでは10年ぶりの高値で生産を停止し破産を申請する企業が増えているそうな。 その理由として「2023年の景気後退の影響、進行中の危機(ウクライナなど)、今年の弱い... ⇒求人情報はこちら
経済発展目覚ましいインドですが、2024年6月17日、悲惨なニュースが飛び込んできました。 以下CBSのニュースです。 ニューデリー— インドで6月17日、月曜日、貨物列車が旅客列車に衝突し、少なくとも8人が死亡、50人... ⇒求人情報はこちら
習近平はなぜ中国経済を立て直そうとしないのか? 2024年6月3日 戦略国際​​問題研究所の上級顧問、 スコット・ケネディ氏 によるレポート 中国経済は低迷している パンデミック後の景気回復は、中国政府が予想していたより... ⇒求人情報はこちら
世界的なインフレが続く中、日本はどんどん売られてゆく!円安が止まりません。 貿易収支は依然と赤字垂れ流し状態で、これは日本がすでに世界に売るモノがない証左です。 かつて輸出産業の花形だった自動車にしても、トヨタも本田もほ... ⇒求人情報はこちら
英国では万引き事件のうち起訴に至るのはわずか14%! 警察が記録した犯罪件数が過去20年間で最高レベルに達し、新たな統計により英国の万引き危機の規模が明らかになった。 イングランドとウェールズの警察は昨年、合計43万10... ⇒求人情報はこちら
「価値が下がった円」はバイデン政権の2024年を一層厳しいものにする William Pesek | Contributor 先に開かれたジョー・バイデン大統領と岸田文雄首相の首脳会談で、円安が話題にさえ上らないであろう... ⇒求人情報はこちら
ドイツで最後の3基の原発が止まったのが23年4月15日 当時はエネルギー危機の真っ最中で、専門家のみならず、元来、原発アレルギーの激しかった国民の間でも、原発の稼働延長を支持する声が上がり始めていた。 しかし、ハーベック... ⇒求人情報はこちら
交通事故は年間30万件以上発生している! 毎日どこかで交通事故があり、その内容は軽微なものから重篤な死亡事故までいろいろです。 下記は2022年の一年間に起きた事故のデータです。 発生件数 30万839件 うち 死亡事故... ⇒求人情報はこちら
就職活動中にすべき6つの大切なこと 現実的な目標を設定する 成果を確認しましょう サポートを求める 前向きな考え方を維持する 時間とエネルギーのバランスをとる 適応して学ぶ 新しい仕事を探すことは、少なからず不安が付きま... ⇒求人情報はこちら
イギリスでは今、ストリートフード店が急成長しています。 個人経営のフードビジネスで、多くの挑戦者たちは、かつて独立した車両や臨時のレストランからスタートしましたが、今では、屋台の食べ物に特化した2400億円の巨大な市場の... ⇒求人情報はこちら
昨今日本では円安が極端に進行し、いまでは外国で働く方が金になる、と出稼ぎに行く若者が増えているそうな。 たとえばオーストラリアに行くと、日本の賃金の倍は貰えると言う。 もっとも物価も高いから額面通りには受け取れませんが、... ⇒求人情報はこちら
仕事に行き詰ったらたらどうする?6っつのヒント。 キャリアに行き詰まりを感じると、苛立ちややる気を失うことがあります。 成長や昇進に必要な評価や機会、フィードバックが得られないのはなぜだろうと思うかもしれません。 しかし... ⇒求人情報はこちら